Dr.関塾 杉並桃井校

コンテンツ

教室案内

教室案内


2021年9月、西荻窪にDr.関塾 杉並桃井校が開校しました。

Dr.関塾は完全個別指導の学習塾です。
学校の補修を行う小学生から、難関校を目指して受験勉強を行う高校生まで、様々な学習状況の生徒が通われてきました。

子供たちの勉強状況はそれぞれ異なります。たとえ同じ学年で同じ目標を持った生徒だとしても、得意不得意な単元は人それぞれです。
そのため、個々の生徒に応じたアプローチが必要となります。

また、塾で授業を受けるだけでは学力は育ちません。
特に勉強が苦手な生徒ほど、日々の学習習慣を整えることが学力アップへの秘訣です。
そのため関塾では日々の学習の行い方も指導しております。

Dr.関塾では、生徒の学習状況や学習の目標、保護者様の希望と要望を伺い、生徒ごとにどのように学習を進めていくかのご提案をしております。

体験授業も行っておりますので、まずは試しに体験を、という方も大歓迎です。

現在塾に通っていない方も、他塾に通われている方も、勉強に悩んでいることあればぜひ一度関塾にご相談ください。

講師スタッフ一同
地域のみなさまに信頼される塾を
目指して頑張ります。

どうぞよろしくお願いいたします!




<<体験授業はこちらから>>



【近隣の小学校】
井荻小学校
桃井第一小学校
桃井第三小学校
桃井第四小学校
三谷小学校
四宮小学校
本宿小学校


【近隣の中学校】
荻窪中学校
井荻中学校
井草中学校
武蔵野市第三中学校
天沼中学校
神明中学校
石神井西中学校


【近隣の私立中高】
中央大学杉並高等学校
吉祥女子中学・高等学校
成蹊小学校・中学校・高等学校
日本大学第二中学校・高等学校
早稲田大学高等学院・中等部
文化学園大杉並中学校・高等学校
藤村女子中学・高等学校
東京女子学院中学・高等学校

教室案内

関塾ってどんな塾?

関塾ってどんな塾?

塾をお探しの方、関塾ってどんな塾なの?と気になっている方、関塾の説明をするので、ぜひご覧ください。
数ある塾のなかでも、関塾は「完全個別指導型」の塾に分類されております。
学校のような「集団指導型」の塾とは授業の進め方が大きく変わってきます。
関塾の特徴としては

①1:2の授業
②生徒の理解優先
の2点です。

「①1:2の授業」、というのは、「講師1名につき生徒2名まで」で授業を行う、ということです。
関塾の授業は90分です。1:2の授業では、講師が90分の授業の中で交互に生徒の学習状況を見ながら授業を進めていきます。
完全個別指導なので、講師が生徒の隣に座って授業を行います。わからないところは先生に質問できる環境が整っています。

「②生徒の理解優先」というのは、学校の進度に合わせてテキストを進めていくのではなく、生徒の学力に合わせて進度を進めていくということです。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。例えば、中学2年生で数学が苦手なAさん。Aさんは中1の初期から数学が苦手だったとします。
その場合、無理に中2の数学を進めても、効果はあまりありません。数学は積み重ねの科目なので、中1の内容に戻って学習する必要があるからです。この場合、関塾は中1の内容まで戻って学習を進めていきます。
さらに細かいことを言うと、実際Aさんの所属する学校、取りたい点数、志望校などにより、どの程度どの単元までさかのぼり復習していくか、という取捨選択も行っております。
逆に、学校よりも先に進んでいるBさん。その場合も、学校の進度に無理に合わせることをせず、先に先にと勉強を進めていきます。
このように、関塾では生徒の進度、理解に合わせて授業を進めております。
ですが、基本的にはどのような学習状況の生徒でも、定期テストの2週間前からはテスト対策を行っておりますので、その点もご安心ください。

その他にも、小学生で英検対策として学校では習わない英文法を進めていく生徒、内部進学対策として学校のプリントをメインに進めていく中高一貫生など、学習状況とご要望に応じて学習プランを立てていきます。

以上、長々とした関塾の説明をお読みいただきありがとうございます。
もっと関塾を知りたい、という方は、ぜひ関塾までお越しください。
高校選び~都立編~

高校選び~都立編~

ここ10年でいうと、およそ2011~2016年頃までは、都立高校は大変人気がありました。
従来の普通科以外にも、総合学科、単位制普通科、科学技術科、国際学科…等々、特徴ある高校も増えています。
近年は国と都の就学支援金制度の拡充により、都立から私立へ流れる受験生が増えたので以前ほど志望者数は多くありませんが、魅力的な高校が多いことには変わりません。

近年の傾向としてはとにかく普通科の人気が高いことが挙げられます。普通科全日制の都立高校の倍率は概ね1.5倍です。
杉並区近辺では、「西、国立、武蔵野北、小金井北、豊多摩、井草、石神井、武蔵丘、杉並、小平西」などがよく生徒の志望校として挙げられています。

専門学科は、高校・学科により倍率の高低が大きく変わっています。全体としてはあまり倍率は高くなく、1.09倍となっています。
専門学科を持つ高校は三鷹市近辺にない場合もあるので、比較的と遠くまで通っている生徒もいます。
志望校として挙げられるのは、「多摩科学技術、国際、小平(英語コース)、総合芸術、産業技術高専(都立高専)、八王子桑子、第五商業、田無工業、総合工科、府中工業、農業、農芸」などです。

都立高校には、総合学科があります。あくまでイメージとしてですが、普通科と専門学科の中間のような学科です。基本的には普通科同様に授業を行うのですが、主に2年次から選択科目で「書道」「保育」など、普通の高校では選べない科目を選択することができます。
倍率は普通科ほど高くなく、総合学科全体で概ね1.19倍です。
どちらかというと女子に人気があり、生徒数の7割以上を女子が占める高校も珍しくありません。
杉並区では「杉並総合」があります。

都立高校は、ほぼ全てが都立共通問題、5教科での入試となります。
ごく一部、都立の難関校(西、日比谷、国立、青山など)は、英数国の3教科だけ自校作成のオリジナル問題を使用し、理社の2教科は都立共通問題を使用しています。そのような高校を自校作成校と呼称しています。
自校作成校とそれ以外の高校では、入試問題の難易度が段違いです。入試問題の難易度のイメージとしては、”難関私立=都立自校作成校>>>他都道府県公立高校>都立共通問題”といった感じです。
自校作成校受験の目安としては、「最低でも学校の通知表が9教科合計で40以上」と考えていただければよいかと思います。実際はオール5の生徒でも落ちる生徒はいるので、一切油断はできません。
難関国公立大学への進学を考えている人は、私立の中高一貫校に高校から進むよりも、都立の自校作成校の方が良いかもしれません。

私立高校と比べると、問題の出題傾向がはっきりとしているため、学習内容を絞りやすく、対策を立てやすいのも都立高校の特徴です。
別の記事で都立入試の教科ごとの特徴を載せているので、都立高校を見据えて勉強を進めている方は、ぜひチェックしてください。
高校選び~私立編~

高校選び~私立編~

2017年頃から私立高校に進学した場合の就学支援金制度が拡充したため、近年人気が上がっています。2020年からさらに就学支援金制度が拡充し、授業料は実質無償化しつつあります。(ただし制服代や施設利用料等は授業料に含まれないので注意が必要です)

第一志望として以前から人気が高いのは、やはり「大学附属の私立高校」です。特に、杉並区近辺だと「法政・中央大付・明治中野、明治中野八王子・日大鶴・日大櫻・専修」あたりが人気です。
その他にも理系科目が好きな生徒は「電機大学」、最近共学化&校風が変わり注目と人気を集めているのは「武蔵野大」などがあります。

また、都立高校が第一志望の場合、滑り止めとして「併願優遇」の制度を用いて、私立高校を受験するのが一般的な方法です。
併願優遇とは、第二志望であることを明確にし、中学校を通して高校に事前に通達することで、高い確率で合格をもらえる制度です。全てを説明すると大変長くなるので、詳細は塾までお問合せください。
併願優遇として受けられている方は多いのは、杉並区近辺ですと「東亜学園・杉並学園・武蔵野大」などです。もちろんこれらの高校も人気があり、第一志望の生徒もたくさんいます。
私立を第一志望とする場合、どの高校をどの日程で受験していくかが重要です。この辺りは中学入試や大学入試と同じように、戦略が必要になってきます。

一般受験は英数国の3科目で、問題の出題形式や難易度も、高校によって大きく変わってきます。
都立と私立の出題傾向の比較は以下の通りです。
【英語】都立で出にくい文法問題が出やすい。
【数学】都立では1問あるかどうかの「確率」が大問として出題されやすく、証明の記述問題は出にくい。計算問題は複雑。
【国語】都立ではほぼ出ない文法問題や国語知識を問う問題が出やすい。
これらはあくまで傾向、ということにご留意ください。
実際は受験される高校の過去問を精査し、出題の傾向をつかむ必要があります。
そのため一般受験で受験するのであれば、なるべく早い時期から志望校を決めると、効率よく勉強できるでしょう。

最後に…私立高校と都立高校で悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。高校選びは人生の大きな選択なので、急いで決める必要はありません。
悩んでいて決めきれないときは、塾としてはとりあえず都立高校を第一志望として考えることをおすすめします。
理由は、都立の勉強から私立の勉強に切り替えることはできても、私立の勉強から都立の勉強に切り替えるのは科目が増えるので大変だからです。
悩んでいてまとまらないときは、ぜひ塾までご相談にお越しください。
2022年度都立高校入試予想

2022年度都立高校入試予想

【2021年度都立入試の振り返り】
2021年度の都立入試では、コロナ禍により授業時間が減少した関係で各科目一部の単元が出題範囲から削除されました。単純に出題範囲が狭まったため平均点が上がるかと思われていましたが、ふたを開けてみると5教科平均が2020年度の307.3点から2021年度は282.3点と大きく下がりました。

例年に比べて必出の範囲が出なかったことで、過去問の問題のパターンが通用しなかった(数学大問4・5など)こと、易化しないように難しい問題を作成した(国、英、理、社)ことが要因でしょう。

また、昨年度と比べると5科目全ての平均点が下がりました。特に理科は昨年度53.4点と難易度の高い入試でしたが、今年度は47.8点とさらに平均点は下がり、ここ10年では最も高難度の入試だったといえるでしょう。

【2022年度都立入試の予想】
2022年度の予想をするうえで重要なのが“学習指導要領の改訂”です。現中3生から新学習指導要領に沿った学習を始めているため、恐らくそれに伴った変化が出ると予想されます。実際に8年前の学習指導要領改訂の時には、数学では「度数分布」の単元が初出でした。

各科目の予想は以下の通りです。

〇国語
特に改訂に伴う変化なし。

〇英語
今年追加の文法が読解問題の随所で必要になる。おそらく問題形式自体は変化しないのでは。あるとしたら大学入試共通テストに合わせる形での図表問題の拡充・内容変更による難化。

〇数学
大問1で四分位範囲・箱ひげ図が出題される可能性あり。確率、度数分布、円周角(角度問題)のあたりと入れ替えになるかも。

〇理科
変化なし。ただし大問3、4、5、6の出題単元は予想できる。気になる方は関塾まで。

〇社会
おそらく問題形式には変化なし。今年から古代と欧州の歴史の学習範囲が若干増えているので、関連した文章が出る可能性はある。

2021年度は高難度の問題だったため、多少揺り戻しがあるかもしれません。特に理科は易化するでしょう。
学習指導要領の改訂のため、問題の内容変更があると想定して準備しましょう。そのため受験生は過去問だけでなく、新出単元をしっかりと学習しておくことが大切です。

新着情報 / お知らせ

新着情報

新着情報 / お知らせ


新規開校!!

Dr.関塾 杉並桃井校では先着30名限定の開校記念講習会を実施いたします!定員になりましたら締め切ら…

閉じる

新規開校!!

新規開校!!
Dr.関塾 杉並桃井校では
先着30名限定
開校記念講習会を実施いたします!
定員になりましたら締め切らせて
頂きますのでお早めに申し込みください!


☆開校記念講習会 実施要綱☆
※生徒2名対講師1名の授業を90分×全2回


 ◆科 目:数学(算数)・英語・国語・
理科・社会から1科目を選択
 ◆対 象:小学生・中学生・高校生
 ◆期 間:申し込み日から2週間以内に
90分×2回を実施
 ◆学 費:無料
  (※ 教材費として1,000円頂きます)
 ◆時 間:月曜日~土曜日
   ①15:20~16:50
   ②17:00~18:30
   ③18:40~20:10
   ④20:20~21:50



▶講習会お申込みはこちら◀

▶お問合せはこちら◀